だいぶ破天荒だったらしい若かりし日の大伯父。馴れない道を踏み外してしまい、気づくとそこは病院だった。だが、目が開かない。指の一本も動かせない…

スポンサーリンク

thumbnail image

このサイトの記事を見る

コメント

http://uwakitaiken.com/archives/107221447161.html